本文へスキップ

管理栄養士になろう!栄養士から管理栄養士へ

栄養士と管理栄養士

管理栄養士の仕事・職場/栄養士と管理栄養士になる

管理栄養士の仕事・職場

■ 病院
病院、診療所に勤務し、病気の治療、再発防止、合併症予防を目指し、患者さんの食事や栄養の管理、栄養食事指導を行っています。

平成18年4月に、入院時基本料の1つとして新設された『栄養管理実施加算』により、栄養アセスメントやプランニング、モニタリングなど、患者さんの個々に合った栄養管理・食事管理が重要となり、医療分野でチームの一員として、医師や他医療職とともにその結果が求められています。

医療における栄養の専門家としての、高度な知識や技術が求められています。



■ 福祉施設
乳幼児、高齢者、障害者を対象とした福祉施設に勤務し、栄養管理と給食管理を行っています。

介護保険施設では、介護保険法において常勤の管理栄養士が配置され、個々の入所者の栄養状態を適切にアセスメントし、その状態に応じて多職種協働により栄養ケア・マネジメントを実施することが求められています。

また、個人差の大きい障害者においても、障害者自立支援法において同様な栄養ケア・マネジメントが必要になっています。児童施設では、心の健康と食という観点から、食育の大切さが再認識されています。

福祉施設が大きく変化している時代であればこそ、大きな期待が寄せられています。



■ 学校
小中学校(特別支援学校を含む)および夜間定時制高校に勤務し、「学校給食の管理」を行うとともに、子どもたちへの食に関する指導を行っています。

また、国・都道府県・市町村の教育委員会に勤務し、学校給食に関する行政指導を行っています。

平成17年度より誕生した『栄養教諭』は、子どもたちが将来にわたって健康に過ごせるように正しい食事の摂り方の指導とともに、教科や特別活動における指導、さらに食生活の改善や食物アレルギー・肥満等の個別的な指導、食に関する指導に関わる学校全体の指導計画の作成、食に関するカウンセラーとしての役割、また、学校・地域・家庭の連携調整を図ること等を期待されています。

小学生からの食育の充実に対し、さらなる期待に応えるため、現在、『栄養教諭』の資格を取得し、それにふさわしい資質向上が求められています。



■ 行政
都道府県・保健所・市町村保健センターに勤務し、「健康日本21」を受けて、地域の実情に合わせた都道府県計画や市町村計画の策定に参画し、その実現に向けた行動計画に沿って、健康教育・栄養相談、食環境整備などの公衆栄養活動を行っています。

また、「食事バランスガイド」や「エクササイズガイド2006」を活用して、地域住民が健康づくりをもっと身近で手軽なものに考えてもらえるよう普及啓発するのも役割の1つです。

地域の健康づくり実現に向け、地域住民や関係機関・団体とのコミュニケーションを重視し、一人ひとりが「食を通して自分の健康を考える」という当たり前のことができるようなサポートを、幅広い視点から行っています。



■ 研究機関

研究機関、大学、企業の研究室に勤務し、調査、実験、品質管理、商品開発等を行っています。

また、管理栄養士・栄養士養成施設に勤務し、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理等の教育を行ったり、調理師、介護福祉士、看護師等の養成機関に勤務し、栄養学、食品学の教育を行っています。

健康づくりに貢献する栄養学の実践活動につながりを持った研究を行うとともに、21世紀の保健・医療・福祉の分野で栄養と食生活の専門職を育てることを目標とした教育研究活動を行っています。



管理栄養士の通信講座

 管理栄養士講座  

ユーキャン受講生は働きながら管理栄養士を目指す人がほとんど

1日8ページ程度で区切りよく、効率的に進められるカリキュラムが評価されています。



管理栄養士
LINK1   2   3   4   5   6   7   8